天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーカブ110のインプレをお届けします。

交換前

買ってしまいました。
日本の最高傑作!!スーパーカブ110です。

28,000キロを走ったアドVを57,000円で下取りすると言ってくれたので、リアボックスとタフアップチューブ(前後)込みで200,000円の出費で済みました。
社長!ありがとう~~

オイル交換やトラブルの時にその方が便利なので、今回は赤男爵ではなく会社近くの個人店で買いました。
個人店は初めて利用したのですが、以外といい物ですね。
お客さんと真剣に向き合っているのがヒシヒシと伝わってきます。

さて、前置きはそれ位にインプレです。
頑張っていっぱい書くぞ~

ちなみに現在の走行距離は850キロです。
片道42キロの通勤に使用中で、取り扱い説明書には500キロまでは慣らしが必要と書いてあったので、500キロまでは大人しく走りましたが、現在はほぼ普通に走行しています。(500キロでオイル交換済み)

①エンジン

始動性は抜群です。
セルを回すとすぐにエンジンがかかり、長大なマフラーからポポポと気合を感じない排気音が流れ出します。
早朝や深夜の住宅街でも、まず問題ない排気音量です。

エンジン特性は一言で言うとトルキーなフィーリングです。
どの回転域、ギアからでも加速できてしまう感じです。

それでいて、中回転を過ぎた位からパワー感が盛り上がって来て、エンジンを回してもそれなりに楽しめます。
その状態の加速だと、そこらの四輪車はおいていけます。
実用上全く問題のない必要十二分の加速性能です。

ただ、振動は少し厳しい物があります。

50キロ/時を過ぎた位から細かい振動が発生しだします。
グリップ、シート、ステップ等、人が常に触れる所は制振されていますが、ウィンカースイッチ、各ペダル関係を触った時に振動を実感します。

ミラーも当然ブレます。

振動で疲れてしまうというレベルでは全く無いのですが、その振動で回転域によっては股の下位からビビリ音が鳴ります。
その音が疲れます。

巡航性能ですが、正直5速が欲しくなります。
何が嫌って、やっぱり音ですね。

60キロを超えるとエンジンが唸ります。
吸気音も聞こえます。
股下あたりがビビリます。

また、60キロ以上では継続してハンドルが細かく振動します。
振動は80キロ巡航で、急に減ります。

シフトは300キロを走る位までは真剣に硬いですが、今は問題なしです。

中途半端にシフトするとギア抜けするので、シフトペダルは慣らし中でも容赦なくしっかりと踏み込みます。

シフトペダルのギザギザは見かけだけで実質はツルツルなので、ものすごく滑ります。

何回も足がすっぽ抜けてレッグシールドに蹴りを入れました。

ちなみにレッグシールドですが、見た目の割には風をしっかり防いでくれます。

路面が濡れていても、しっかり靴を防御してくれるので雨上がりの道も普通の靴で運転できます。

排気音ですが、少しでも発進した後は何も聞こえなくなります。

走行中はエンジンの唸り音と振動で何速に入っているか判断しないといけません。
正直、排気音が静かすぎて運転がしにくい・・・

もう少し元気な排気音の方が、いらないビビリ音も聞こえなくて快適なのですが。

このエンジンは基本的には高速巡航には適しません。
街中で(60キロ/時以下で)チョロチョロ動く前提の設計の様です。

ブレーキ

リアブレーキは普通に良く効きます。

既に危ない場面に遭遇しましたが、リアはしっかりロックするまで効きました。
フロントはだらしないですね。

フロントは強く握ってもブヨブヨしているだけで、緊急時に有効な制動力は引き出せません。

シューの問題と言うよりは、ケーブルの問題が大きそうです。
もっと太い方がカチッと効いてくれそうです。

ドラムだから・・・という言い訳は通じませんよ!ホンダさん。

本来セルフサーボが効く構造なので、リーディング&トレーリングでも良く効くブレーキは作れます。
現実にリアは良く効くのですから、レバー比を大きくするか何かで改善を要望します。

ノーマルブレーキでは怖くて、人並みのスリ抜けは不可です。
相当ペースを落としてスリ抜けしないと事故ります。

アドVの頃はスリ抜けは40キロを上限にしていましたが、この車両にしてからは30キロを上限にしています。

アドVの時も思いましたが、車両価格が上がっても良いのでブレーキだけはしっかりと造り込んで欲しいと思います。

他の方のブログを見ると、ベンリィのパーツを流用する事でブレーキの効力がUPするみたいなので、機会を見て改造する予定です。

③ポジション

私の身長は168センチですが、ライポジはかなりキツいです。
シートとステップが近すぎて、とても窮屈です。

チョイ乗りには良いのかもしれませんが、一時間以上乗っているとヒザを伸ばしたくなってきます。
また、ライポジの自由度が(全く)無いので、腰が早々に痛くなります。

シートそのものも薄くて、2時間位のっているとケツが痺れて来ます。

ハンドルとの距離は適切で、肩がこる様な事はありません。

信号待ちなどで足を降ろす時、ステップがガチで足に当たります。
かなり邪魔です。

左右それぞれのステップ周りの造作もゴチャゴチャしていて、巡航時には足をどう置いて良いかわかりません。
つま先をまっすぐ前に向けるのは、ほぼ不可能です。

つま先をまっすぐ前に向けようと思うと、右足はかかとがキックペダルに当たります。
左足はシフトペダルのシフトダウン側の出っ張りに当たります。

写真でわかるかな~? 
右ステップ左ステップ


キックペダルは写真で見たイメージよりも、大分外側に張り出しています。

④乗り心地

テレスコピックフロントフォークとリアのダブルショックユニットが相まって、総じて良好です。
大きなギャップも難なくいなしてくれます。

とはいつつも特筆する様な感じでも無いので、まあ普通という評価です。
もの凄くオーソドックスな味付けなので、万人向きです。

⑤燃費

今のところ、リッター67キロ程度で推移しています。
最高燃費はリッター72キロと驚異的です

今まで乗ってきたバイクの中で、最高の経済性です。

⑥ユーザーインターフェイス

メーター

一番良く見るメーターの視認性は物凄く良いと思います。
普通な感じを漂わせつつも、かなり工夫されていると感じます。

数字の書体や大きさはかなり考え抜かれた印象で、いかなる時でも一瞬で読み取れます。

夜間もコントラストがはっきりしているので、無駄に長くメーターを見なくても速度が読み取れます。

ウィンカースイッチはかなりのショートストロークなので、慣れが必要です。
しかし慣れてしまえば、少しの動きで作動しますので楽ですね。

ただ、今後ウィンターグローブをした時はどうなるのだろうと心配です。

ホーンスイッチは位置的には普通の場所にありますが、少し奥まっているので押しにくく感じます。

恐らく誤操作防止でそうしてあるのだと思いますが、とっさの時にちゃんと押せるか不安です。

⑦まとめ

高い巡航速度で長時間走りたいという方には不向きなバイクです。
逆にのんびり走る方や、街乗りメインの方には経済性も高くてオススメできます。

ただ、アドVからの乗り換えなので殆どの点で劣る様なインプレ記事になっていますが、自分的な総合評価ではスーパーカブ110が上です。

それは何かと言うと・・・

楽しさです。

スーパーカブと言うとオッサンバイクの代名詞ですが、そこにはスクーターと違って操る面白さがあります。

速度を上げれば振動も確かに出てきますが、乗ってる!!という感覚がとてもリアルに迫ってきます。

最初は60キロ以上の巡航はキツいな~と思っていましたが、最近に60キロ以下で巡航すれば良い事に気付いて、今はのんびりと走らせています。

スクーターの時は目を三角にして走っていましたが、不思議とスーパーカブはゆっくり走っても苦になりません。

ただ、このスタイルなので煽ってくる車も当然います。
その時は一速落として、猛然と加速させる事もできます。

ゆっくりと走りつつも、イザという時にはしっかりとした動力性能があるというのが魅力です。

モトチャンプじゃないけど、楽しくなきゃバイクじゃないというのを思い起こさせてくれたバイクです。

来年の春先には原二限界ツーリングをしようと思っています。

そのフィーリング次第で、MF08の売却も検討しようかと・・・

全然まとまっていないまとめですが、もともとバイクが好きな方はどこかで気に入る事ができると思うのですが、バイクに自動車的な利便性のみを求める方にはただのスパルタンな乗り物にしか感じられないはずです。


スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

さようなら、アドレスV125G

アドレスV125Gの走行距離が28,000キロを越えました。
28,000キロ
車体やエンジンは元気その物で問題は無かったのですが、各種消耗品が交換時期に差し掛かって来たので、車両更新をするか、消耗品(ドライブベルトを含む)を交換して更に15,000キロを追加で走行するか悩みました。

結果的に、消耗品の交換が高額になるという理由にかこつけて、乗り換えをする事にしました。
酒と同じで、理由を作るのは得意中の得意!!

候補としてはシグナスとスーパーカブ110が上がっていたのですが、通勤に使用するという性格上チューブタイヤを使用するスーパーカブはどうなのかなぁと悩んでいました。

チューブタイヤはチューブレスと違って、異物を拾ったら即走行不能になります。

しかし完璧では無い物の、タフアップチューブという物の存在を知って、日本の工業製品の最高傑作の一つとも(自分的には)数えられるスーパーカブを選択する事としました。

本日段階で実は既に納車はされているのですが、購入レポートやインプレは慣らし運転が終了してからお届けしたいと思います。

28,000キロを走破したアドレスV125Gですが、マフラーの後端が錆びた以外は何の走行上の不具合は発生しませんでした。

錆びたマフラー

大分前に交換したデイトナのゴールデンパッドも目立った消耗が見られず、珠玉の耐久性を発揮していました。
効きもバッチリでした。
ただ、リアーのデイトナシューは、一定距離を(6,000キロ程度)走行後は当初の目覚ましい効果は無くなって、ノーマル同等のだらしない状態になりました。

総じて、耐久性も含めてアドレスV125Gは実用性が抜群な最高の通勤バイクでした。

アドレスV125Sが次期通勤車の候補に入らなかった理由ですが・・・

①フロントブレーキのディスク径が変わらない
②フロントウィンカーが下に移動して、視認性が下がった。(安全性低下)
③逆スラントのヘッドライトが「レッツ」みたいで安っぽい
④特段の機能差が無いのに、価格がアップ

そんなところです。
アドレスV125Gが新しいオーナーのもとで元気に活躍する事を祈りつつ、少しの時間を共にした相棒をバイク屋で(身勝手にも)少し寂しい気持ちを感じつつ見送りました。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

今回の地震で思う事

今回の地震で被災された方、大切な人を亡くされた方、心よりお見舞い申し上げます。

あの日以来、私たち日本国民の生活は一変してしまいました。
それまで平穏な日々があった事が今となっては信じられない位です。

普通の生活は数々の平穏という奇跡の上に成り立っていたのだと痛感させらると同時に、普通の日々がいかに貴重だったかを考えさせられます。

震度5強だった我が家も少しだけ被害がありました。

玄関ひび割れ


玄関の土間が傾いて玄関ドアが開閉できず、未だに庭から出入りしています。
また、家のまわりには豪華!お堀が一周できました。(涙)

しかし、こんなのは津波で自宅を押し流されたり、大切な人を失ってしまった方たちの心の痛みを想うと屁でもありません。

地震当日は、たまたま仕事が休みで家にいたのですが、地震が発生して外へ飛び出てビックリしました。

家の前の道路がコンニャクの様に震え、電柱や電線も釣竿とそれから伸びる釣り糸の様にブルブルしなっていました。
見ている目の前で舗装が急にパックリ割れて、その割れ目が私たちを嘲るかのごとく、揺れに合わせてパクパク動いていました。

あまりの光景に思わず思考が停止し、怖いという感覚は全くありません。

地鳴りの様な大きい音と、何かがぶつかりあう金属音が辺りには響いているのですが、耳には聞こえているが脳までは届いていない不思議な感覚がしました。

恐らく現地では大人でも忍びがたい程の状況になっているかと思うのですが、子供さんは一層つらい思いをしているのではないかと想像しています。

私自身小さい子供を持つ親として、現地の子たちに何かできないかと考えてしまいます。

私たち家族の中で、被災した家族を被災していない地域でホームステイさせてあげれば良いのに。と話していましたが、今朝のテレビで被災者のホームステイをコーディネートしているNPOがあると知りました。

NPO法人 アースデイマネー・アソシエーション

上記をクリックするとそのサイトへジャンプします。

現実に受け入れるとなった時、色々な面での要素も考えないといけなくなるので、現在前向きな方向で慎重に検討中です。

同じ様な事を思っていた方、一度サイトを覗いてみて下さい。

けしからんのは東電ですね。

ただでさえ深刻な被災状況を余計にややこしくし、全国民に迷惑と不安を撒き散らしている原発ですが、今回の事態を予見して警鐘を鳴らしていた団体があった事を皆さんご存じでしたか?

しかも、東電はその提案を拒否して今日の大事故が発生してしまった事をご存知でしたか?

以下引用。


東京電力株式会社
取締役社長 勝俣 恒久 様

                                   日本共産党福島県委員会
                                      委員長 最上 清治
                                   日本共産党福島県議会議員団
                                      団 長 神山 悦子
                                      副団長 宮川えみ子
                                      幹事長 藤川 淑子
                                   原発の安全性を求める福島県連絡会
                                      代 表 早川 篤雄

          ==福島原発10基の耐震安全性の総点検等を求める申し入れ==
 
 東電柏崎刈羽原発の中越沖地震への対応は、福島県民に大きな衝撃をもたらしたばかりか、多くの国民にも疑問と不安をもたらしている。

東電がこれまでどんな地震にも大丈夫という趣旨の主張を繰り返してきたことと裏腹に、消火活動が出来なかったり、放射能を含む水が海に流出したり、放射性物質が3日間も主排気筒から放出されたり、原子炉建屋などの地震の波形データが大量に失われている。
 
そもそも、1995年に阪神淡路大震災をもたらした兵庫県南部地震の岩盤上の地震動の記録は、日本の原発のなかでもっとも大きい地震に備えるとされる中部電力浜岡原発の設計値を越えていた。
このことは1981年に原子力安全委員会が決定した原発の耐震指針の基礎が崩壊したことを示したものであった。
 以来、私たちは、国と電力会社に対して、耐震指針の抜本的見直しと原発の耐震新指針の確立を求めてきた。2006年、原子力安全委員会は「新耐震指針」を決定したが、原子炉を岩盤でなくとも建設できるとか、活断層がない場合の規定が曖昧など大きな後退や問題をもつものであった。
 
今回発生の中越沖地震で柏崎刈羽原発を襲った揺れは、設計時の想定を最大3.6倍と大きく上回った。これまで兵庫県南部地震の事実を突きつけられても、原発の耐震性は大丈夫としてきた政府と電力会社の説明は完全に覆されていることを率直に認め、以下の対応を早急に取るよう求める。

1.中越沖地震から教訓として何を取り入れて対応したのか、また対応しようとしているのか。その上に立って、福島原発10基 の耐震安全性を総点検すること。

2.東電は、柏崎刈羽原発の設置許可申請時におこなった海底調査で、今回発生した中越沖地震を引き起こした断層がある ことをつかんでいたことが判明している。
 これまで福島原発立地周辺の断層調査の全容と安全審査の対象にしたのはどの断層で、対象からはずしたのは何かを  明らかにすること。

3.発電所内の自衛消防隊の消火体制の確立・強化をはかり万全をはかること。

4.福島原発はチリ級津波が発生した際には機器冷却海水の取水が出来なくなることが、すでに明らかになってい  る これは原子炉が停止されても炉心に蓄積された核分裂生成物質による崩壊熱を除去する必要があり、この機器冷却 系が働かなければ、最悪の場合、冷却材喪失による苛酷事故に至る危険がある。そのため私たちは、その対策を講じる ように求めてきたが、東電はこれを拒否してきた。
 柏崎刈羽原発での深刻な事態から真摯に教訓を引き出し、津波による引き潮時の冷却水取水問題に抜本的対策をとるよ う強く求める。

5.危機管理体制の再点検を行い、その結果を速やかに公表すること。

引用元→http://www.jcp-fukushima-pref.jp/seisaku/2007/20070724_02.html


これを見て何かを感じずにはいられません。

自分たちの危機管理のずさんさから、これだけの被害を出しているのに平気な顔をしていられる東電の厚顔無恥さに腹が立ちます。

そんなくせに、謝罪ひとつなく当然の様な顔をして計画停電、通常どおりの料金徴収、挙句の果てには電気料金値上げの検討とは!!
火事場泥棒、焼け太り、人でなしとは正にこの事!

安月給で放射能の中で仕事をさせられている現場社員が可哀そうでなりません。

東電が大変に危険な設備を持っているとの認識をしっかり持って、お金を十分にかけて対策していれば今回の事は無かったか、あっても小さい被害で済んだはずです。

7,500万円ももらっている役員こそが、我先にと素っ裸で放射能の中に飛び込まないでどうする??
全国の原発の横に役員を住まわせればもっと真剣に安全を考えるのか。

これだけの事態になって、東電が自前の設備を何も持っていなかったのを知ってあ然とします。
ポンプ車から近隣に配布するヨウ素剤まで、何から何まで持っていなかった。
急遽配置した電源車もプラグの形状を間違えて使えず。

どうなってるのでしょうか? 何なのこれ??
危機意識、危険物を扱っている自覚がゼロ。

この問題は原発が沈静化してから、マスコミがお得意のバッシングをするでしょう。
今回ばかりはマスコミのバッシングに期待します。

生田にあるとかないとか言われている役員の自宅周辺だけ輪番停電をしていないなんて事実が後から出てこないでしょうね!?

これまでの東電のDQN対応ぶりを考えると十分ありえる??

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

アドレスV125Gビビリ音 Part2

この記事は写真もなくアッサリとやらせて頂きます。

私のブログの訪問を解析すると、ビビリ音の検索ワードで訪れている方が異常に多いです。
なので、過去に判明したビビリ音発生場所をお知らせします。

①ライトカウル締結ネジ(グレー側)の緩み(過去の記事を参照ください)
②ライトカウル内に設置されているダイアグノシス用と思われるカプラーの振動(過去の記事を参照ください)
③フロントカバー内でウィンカー配線のカプラーが揺れて車体側樹脂部品と接触
④フロントカバー内に設置されているホーンが共振

①は以前の記事の通りに対策をすれば直ります。
②は以前の記事の通り、一旦ライトカウルを外して、配線の取り回しを変えれば直ります。
③は一旦フロントカウルを外してウインカー配線の取り回しを変えれば直ります。
④は対策方法を検討中です。
      ↓
ホーンは車体側から伸びる薄い数センチの鉄製のステーに取り付けてありますが、エンジンが一定の回転域に達すると共振をはじめて「ブーンブーン」と言います。
フロントカバーを外した方は、ついでに外した状態でエンジンを回して確認してみてください。
ホーンが見えなくなるくらい振動します。

金属疲労でいつかホーンが落っこちないか心配です。

ビビリ音は精神衛生上良くないので私も大嫌いですが、これまでのビビリ音はホーンの共振以外は全て潰してきました。

知りたい事や分からない事がありましたらコメントを入れて下さい。
確認しだいご連絡します。



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

アドレスV125Gのリアタイアを交換しました

メーター190000キロ

通勤で頑張ってくれているアドレスV125Gの走行距離が遂に!19,000キロを突破しました。

ここにきて、リアタイヤ(新車時より使用)のスリップサインが出てきてしまったのでライコランドでリアタイヤを履きかえました。
純正装着のD306の耐久性は驚異的です。

ちなみにフロントはこんな感じで残っています。

フロントタイヤ110326

新しいタイヤは特に凝るつもりもなかったので、店頭で一番安かったIRCのMB520という物を買いました。
レシートを捨てちゃったのでハッキリは分かりませんが、4,000円位だったと思います。

リアタイヤ110326


やたらサイプが多くて雨に強そうなのですが、後からメーカーのHPを見ると街乗りをメインに考えてデザインしたタイヤだそうです。
パンクに強いというのもウリの様で、知らず知らずの内に通勤に一番良いタイヤをセレクトしていた様です。

メーカーサイト→www.irc-tire.com/mcj/tires/mb520.html

せっかくタイヤ交換でホイールを外すので、この際と思ってブレーキシューも交換しました。
まだ純正のシューも残っていたので迷いましたが、一緒にやると工賃は1,050円と言う事だったので即断しました。

プロブレーキシューという商品なのですが、青い色がやる気無さそうな感じです。

ブレーキシューは1,800円位でしたが、工賃等全て込みこみで10,604円でした。(痛!)

感想ですが、タイヤは攻めるわけでもないので、可もなく不可もなくと言ったところです。

ブレーキはこれぞブレーキだよな、と言った感じです。

店を出た直後のアタリが全くついていない状態でも、ブレーキをかけた瞬間に違いが分かりました。

初期制動の立ち上がりが純正品とは全く違います。
ゴールデンパッドに替えた時も違いを感じましたが、今回のは感動的な違いがあります。

交換後に既に100キロ以上走りましたが、もう純正品のシューには戻れません。
多少鳴きますが、この強力な効き目には変えられません。

ブレーキ対策と言うと、何かとフロントのブレーキパッドに目が行きがちですが、アドVのブレーキにお困りの方は是非一度このブレーキシューを使ってみてください。
全然違います。

もっと早く替えておけば良かった~。

ちなみにゴールデンパッドのその後ですが、完全にアタリが出ていますが、予想した程効力の上積みはありませんでしたが、強く握り込んだ時の絶対的な効力は純正品の数段上です。

前にも書きましたが、握れば握るほど効きが引き出せる感じです。

今回のブレーキシュー交換と合わせて、ようやく普通のバイクのブレーキになりました。



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

懐メロ親父

Author:懐メロ親父
バイクとアウトドアと酒をこよなく愛する35才の2児の父です。(アル中の噂あり・・)
i-podの中は70年代後半の懐メロばかり。
実はアドレス以外にMF08も持ってます。

Flashリバーシ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
全記事表示リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。