天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら、アドレスV125G

アドレスV125Gの走行距離が28,000キロを越えました。
28,000キロ
車体やエンジンは元気その物で問題は無かったのですが、各種消耗品が交換時期に差し掛かって来たので、車両更新をするか、消耗品(ドライブベルトを含む)を交換して更に15,000キロを追加で走行するか悩みました。

結果的に、消耗品の交換が高額になるという理由にかこつけて、乗り換えをする事にしました。
酒と同じで、理由を作るのは得意中の得意!!

候補としてはシグナスとスーパーカブ110が上がっていたのですが、通勤に使用するという性格上チューブタイヤを使用するスーパーカブはどうなのかなぁと悩んでいました。

チューブタイヤはチューブレスと違って、異物を拾ったら即走行不能になります。

しかし完璧では無い物の、タフアップチューブという物の存在を知って、日本の工業製品の最高傑作の一つとも(自分的には)数えられるスーパーカブを選択する事としました。

本日段階で実は既に納車はされているのですが、購入レポートやインプレは慣らし運転が終了してからお届けしたいと思います。

28,000キロを走破したアドレスV125Gですが、マフラーの後端が錆びた以外は何の走行上の不具合は発生しませんでした。

錆びたマフラー

大分前に交換したデイトナのゴールデンパッドも目立った消耗が見られず、珠玉の耐久性を発揮していました。
効きもバッチリでした。
ただ、リアーのデイトナシューは、一定距離を(6,000キロ程度)走行後は当初の目覚ましい効果は無くなって、ノーマル同等のだらしない状態になりました。

総じて、耐久性も含めてアドレスV125Gは実用性が抜群な最高の通勤バイクでした。

アドレスV125Sが次期通勤車の候補に入らなかった理由ですが・・・

①フロントブレーキのディスク径が変わらない
②フロントウィンカーが下に移動して、視認性が下がった。(安全性低下)
③逆スラントのヘッドライトが「レッツ」みたいで安っぽい
④特段の機能差が無いのに、価格がアップ

そんなところです。
アドレスV125Gが新しいオーナーのもとで元気に活躍する事を祈りつつ、少しの時間を共にした相棒をバイク屋で(身勝手にも)少し寂しい気持ちを感じつつ見送りました。

スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

アドレスV125Gビビリ音 Part2

この記事は写真もなくアッサリとやらせて頂きます。

私のブログの訪問を解析すると、ビビリ音の検索ワードで訪れている方が異常に多いです。
なので、過去に判明したビビリ音発生場所をお知らせします。

①ライトカウル締結ネジ(グレー側)の緩み(過去の記事を参照ください)
②ライトカウル内に設置されているダイアグノシス用と思われるカプラーの振動(過去の記事を参照ください)
③フロントカバー内でウィンカー配線のカプラーが揺れて車体側樹脂部品と接触
④フロントカバー内に設置されているホーンが共振

①は以前の記事の通りに対策をすれば直ります。
②は以前の記事の通り、一旦ライトカウルを外して、配線の取り回しを変えれば直ります。
③は一旦フロントカウルを外してウインカー配線の取り回しを変えれば直ります。
④は対策方法を検討中です。
      ↓
ホーンは車体側から伸びる薄い数センチの鉄製のステーに取り付けてありますが、エンジンが一定の回転域に達すると共振をはじめて「ブーンブーン」と言います。
フロントカバーを外した方は、ついでに外した状態でエンジンを回して確認してみてください。
ホーンが見えなくなるくらい振動します。

金属疲労でいつかホーンが落っこちないか心配です。

ビビリ音は精神衛生上良くないので私も大嫌いですが、これまでのビビリ音はホーンの共振以外は全て潰してきました。

知りたい事や分からない事がありましたらコメントを入れて下さい。
確認しだいご連絡します。



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

アドレスV125Gのリアタイアを交換しました

メーター190000キロ

通勤で頑張ってくれているアドレスV125Gの走行距離が遂に!19,000キロを突破しました。

ここにきて、リアタイヤ(新車時より使用)のスリップサインが出てきてしまったのでライコランドでリアタイヤを履きかえました。
純正装着のD306の耐久性は驚異的です。

ちなみにフロントはこんな感じで残っています。

フロントタイヤ110326

新しいタイヤは特に凝るつもりもなかったので、店頭で一番安かったIRCのMB520という物を買いました。
レシートを捨てちゃったのでハッキリは分かりませんが、4,000円位だったと思います。

リアタイヤ110326


やたらサイプが多くて雨に強そうなのですが、後からメーカーのHPを見ると街乗りをメインに考えてデザインしたタイヤだそうです。
パンクに強いというのもウリの様で、知らず知らずの内に通勤に一番良いタイヤをセレクトしていた様です。

メーカーサイト→www.irc-tire.com/mcj/tires/mb520.html

せっかくタイヤ交換でホイールを外すので、この際と思ってブレーキシューも交換しました。
まだ純正のシューも残っていたので迷いましたが、一緒にやると工賃は1,050円と言う事だったので即断しました。

プロブレーキシューという商品なのですが、青い色がやる気無さそうな感じです。

ブレーキシューは1,800円位でしたが、工賃等全て込みこみで10,604円でした。(痛!)

感想ですが、タイヤは攻めるわけでもないので、可もなく不可もなくと言ったところです。

ブレーキはこれぞブレーキだよな、と言った感じです。

店を出た直後のアタリが全くついていない状態でも、ブレーキをかけた瞬間に違いが分かりました。

初期制動の立ち上がりが純正品とは全く違います。
ゴールデンパッドに替えた時も違いを感じましたが、今回のは感動的な違いがあります。

交換後に既に100キロ以上走りましたが、もう純正品のシューには戻れません。
多少鳴きますが、この強力な効き目には変えられません。

ブレーキ対策と言うと、何かとフロントのブレーキパッドに目が行きがちですが、アドVのブレーキにお困りの方は是非一度このブレーキシューを使ってみてください。
全然違います。

もっと早く替えておけば良かった~。

ちなみにゴールデンパッドのその後ですが、完全にアタリが出ていますが、予想した程効力の上積みはありませんでしたが、強く握り込んだ時の絶対的な効力は純正品の数段上です。

前にも書きましたが、握れば握るほど効きが引き出せる感じです。

今回のブレーキシュー交換と合わせて、ようやく普通のバイクのブレーキになりました。



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

アドレスV125G(K9)ブレーキパッド交換

去年の2月に購入したアドレスV125G(K9)が早くも15,500キロを向かえました。
タバコを吸いながら何気にブレーキに目をやると、パッドがない!!

純正パッドの効きがショボい事が先日の事故で再確認できたので、今回は社外品に変えると心に固く決めていました。

本当はいつもお世話になっている赤男爵で交換するつもりだったのですが、パッドの減り方に焦ってしまい、仕事の帰り道にあるライコランドで交換をしました。
(外した部品を見ると、赤男爵で部品手配をしていても間に合っていたかも・・・)

高校の頃に友人が使用していたデイトナの赤パッドの効き目が素晴らしかったので、今回は赤パッドにする予定だったのですが、ネットで調べるとショボい純正品と効力がそんなに変わらないとの記述が多数。

そこで、今回は同じくデイトナのゴールデンパッドをチョイスする事としました。
漠然とメタルパッドは効きが良いというイメージを持っていたので期待をしながらの交換です。

ゴールデンパッド


店頭で見ると赤パッドより600円位高かったのですが、店員さんに聞いても通勤にはゴールデンパッドの方が馴染むという事で自信を持って選びました。
選択が間違っていたかどうかはいずれ分かるでしょう。

ゴールデンパッドはストリートに、赤パッドはスポーツ走行に適しているとの説明でした。

品物は定価のまま、交換工賃は1,575円でした。
締めて5,670円なり。(高!)

ネットでもっと安く流通しているのは知っていましたが、さすがに重要保安部品。
自分で交換する根性が今回ばかりは湧いてきませんでした。

パッド2枚比較パッド穴1個側パッド穴2個側

    ≪並べて2枚≫          ≪穴が1個側のパッド≫       ≪穴が2個側のパッド≫

写真はクリックすると拡大します。

減り方に結構差があります。

穴が2個ある方のパッドはまだ余裕がありますが、1個の方はいかにもピンチという感じです。
2個ある方はちょうど1円玉と同じ厚さ分だけ残っていますが、1個の方はその半分と言った感じです。

いずれにしても、純正パッドは15,000キロ使えたという事で、耐久性は十分と言えます。
前にも書きましたが、明らかに効きの悪さはトレードオフの関係にあります。

ライコランドの店員にアドレスのブレーキが効かないと言ったら、「多くの方がそう言いますね」とおっしゃっていました。

さて、気になるゴールデンパッドの効きですが・・・
まだ装着してから30キロしか走っていないのではっきりは分かりません。

が、30キロ走行後には初期制動(ブレーキの立ち上がり)が明らかに純正品を上回っているのを確認できました。

最後の最後に急制動を行ってみたのですが、純正に見られた強く握っても効力が変わらない現象は出なく、リニアに制動力が加わっていく印象です。

絶対的な制動力とコントロール性はアタリが出てからはっきりすると思うので、追ってレポートします。

赤パッドを体験していないのでそちらとの比較はできませんが、少なくとも純正パッドよりは良いと言えそうです。
(純正がひどい??)



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

(ちょっと前ですが・・・)事故決着!

前の記事で書いた事故が決着しましたので報告します。
スリ抜け中の事故だったので、興味のあるライダーも多いのではないでしょうか?(画像系はまたUPします)

概要:
夜20:00過ぎに片側2車線の計4車線道路(渋滞で周辺車両は停車中)にてすり抜け中に発生したバイク対バイクの衝突事故。

状況:
こちらが車列の真ん中をすり抜け中に、車列の左端(道路の左端)をすり抜け中の車両が安全確認なしに突然こちらの前に割り込んできて衝突。下り気味の道路であった為にこちらからは安全確認をせずに飛び出してきた事は確認済。(メットが一回もこちらを向かずに飛び出て来た)

要因:
車両が左に寄って停車していた為、左端のすり抜けができなくなって、こちらが走行する車線に逃げてきた物と思われます。

結果:
こちらの車両はフロントカウル破損、及びその他個所が細かく傷つき。先方車両は右側面のカウルを破損。こちらはフロントから突っ込んだ為、ステムベアリングが破損。
ケガに関しては、こちらが過去の事故経験からすり抜け速度は40Km/hに制限していた為、両者とも無事。

示談:
9対1で先方に一方的な過失割合。

勝因:
すり抜け中と言えども、こちらは常時どちらかの車線をキープし、車線をまたぐ際はウィンカーを出していた事。
40Km/h以下のすり抜けという事で安全義務も果たしていた事。
相手が最後の最後まで、自己保身の為に明らかにわかってしまう嘘をつきとおした事。
ちなみに嘘の内容は自分が止まっていた所に突っ込んで来たという支離滅裂な内容でした。(誰が止まっている車両に突っ込む??)

こちらは最後まで10:0を主張したのですが、その訴え内容だと弁護士しか扱えなくなる(要は訴訟)がどうしますか?と保険会社に言われたので最後は妥協して9:1を了承しました。

前回事故に巻き込まれた時は6:4(こちらが6)とケガまでしたのに悔しい思いをしましたが、その時に焦点になったのは、車線をキープしていたかという点と、すり抜けで車線を跨ぐ時にウィンカーを出していたかという点でした。

それを教訓にそれ以来、車線をキープして、跨ぐ時はウィンカーを徹底してきました。
今回はそれが奏功した形です。

あの事故経験がなかったら、今回の衝突速度は60Km/hを超えていたと思います。
(ちなみに今回は衝突後1メートル以内に停車できていました。)

60Km/hで衝突していたら間違い無く、お互いケガか、運が悪ければ死亡している所でした。

相手方は自分の不注意を棚に上げて、最後まで嘘をつき通していたのを残念に思いました。
事故処理に来た警察官もたまり兼ねて「あなたが本当にそこで止まっていれば今回の事故はなかったでしょう。」と諫めていました。

皆さんもすり抜けは道交法を守った形でやりつつ、万一衝突しても大事に至らない速度で実施してください。

今日も帰り際に私をぶち抜いて行ったチューンドモンキーが500メートル位先で車相手に事故ってました。

事故でケガをすれば、周りの反対でバイクを降りざるを得ない事にもなりかねません。(生きていれば・・・)

バイクは細く長く楽しみましょう。

ちなみに今回の事故では、物損個所を全て自分で修理してしまった為、差し引きで8万円位手元に残りました。
が、二度とこんな面倒はゴメンです。

ちなみに今回はこちらの保険会社はアクサダイレクトでしたが、事故対応には十分満足できました。

前回の時は三井ダイレクトでしたが、その時は三井ダイレクトからの持ち出しが無いと分かるや(相手が賠償を放棄した)露骨に対応が雑になって最悪でした。
頭にきて、事故直後に保険契約を解除してやりました。

ご参考ですが、ファミリーバイク特約の場合は事故で保険を使用しても保険等級は据え置きとの事で、今回はこちらには経済的な損失は全くありませんでした。





テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

懐メロ親父

Author:懐メロ親父
バイクとアウトドアと酒をこよなく愛する35才の2児の父です。(アル中の噂あり・・)
i-podの中は70年代後半の懐メロばかり。
実はアドレス以外にMF08も持ってます。

Flashリバーシ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
全記事表示リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。