天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南房総で初の子供連れキャンプ

九月の三連休を使って南房総の某キャンプ場を利用して、初の子連れキャンプをして来ました。

なぜ「某キャンプ場」かは後で説明します。
同じ理由で今回は写真もありません。

私は独身の頃からキャンプが好きで一通りのキャンプ道具を持っていたのですが、今回は家族でという事で慌てて(キャンプ話も急に決まった)買い揃えました。

今後も行くかどうか分からない状況なので全て安物で済ませました。

自分を除いた三人分の道具を揃えて投資総額は一万円前後です。

キャンプ場に到着して風向き等を考慮してテントを張る場所を考えていたら・・・

「パパ~!私の足に何かいる~~!!」と娘の大声が!

慌てて駆け寄ると ガーン!

ヤマビルが尺取り虫みたいにショートパンツから出た足を這い上がっています。

事態をいくらか予測していた部分もあったので、ヤマビル退治用に用意したスプレーボトルに詰めた濃い塩水を取りに車へ戻りましたが、荷物をバラす前だったのでなかなか見つかりません。

そうしている内に、妻が指でピンッと跳ね飛ばして退治してくれました。

吸血行動に入る前は弾き飛ばすのが最も良い様です。

大騒ぎしながらもテントを張り終わって、付近を散策していると栗がどっさり落ちていたので妻が栗拾いに向かいました。

自分は嫌な予感がしたので離れていたのですが、案の定いくらか時間が経って気が付いてみると妻のズボンに血のシミが・・・

妻をディレクターズチェアに座らせて確認したら、既に吸血してヒルは落ちた後だった様です。
圧迫止血をしても、いつまでも出血が止まらなくてビックリ。

まさかと思いながらも、「ちょっと靴を脱いでみ」と言って靴を脱がすと ナント!吸血中のヒルが指股に_(・。・)~゚

急いで塩水をシュッシュッと吹きかけましたが変化なしでした。
無理して取ったらヒルの口が傷口に残ると聞いていたので、とても困りました。

代わりに虫よけを吹きかけたら、体を丸くしながらポロッと落ちました。

まさか体に殺虫剤を吹きかける訳にもいかないので、退治には虫よけスプレーが一番効果的という結論です。

その後も妻ばっかり六ヶ所吸血されました。

その他ニアミスは数知れず・・・

何で反応をするのか分かりませんが、ヒルが存在する地帯に踏み入れて足元を見ると、芝生や枯れ葉の合間から複数のヒルが自分の足に向かって首(?)をニューっと伸ばして来ます。

きもちわりー!!

さて、なんで「某キャンプ場」で写真も無いかと言いますと、ここでキャンプ場名を明かすと営業妨害になってしまうからです。

写真は撮っている余裕も無かったという事でございます m(_ _;)m

キャンプ場の人の話では、日照りが続いてから ひと雨が来たその後が駄目だという事でした。
昔はそんなには目にしなかったのに、ここ数年で急激に増えたとの事でした。

子供さんを連れてキャンプに行く時は塩水(予防に有効)と虫よけスプレーを必要以上に多めに持って行きましょう。

隣にテントを張っていた方は虫よけスプレーを大量に直接地面に噴霧していました。

多分あれが正解だったのだと思います。

塩水は吸血される前にタップリと靴下等に噴霧しておくと予防効果が見込めるみたいです。

但し、濃度は飽和食塩水に近い位高める必要がある事が今回良くわかりました。







スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

納涼! 家族で老神温泉と吹割の滝&エトセトラの旅 (後編)

老神朝市

忙しくてブログ更新を休んでいました m(-_-)m

その間にアドレスV125Gの事故もありつつ・・・
事故の相手方が嘘をついてばかりで四苦八苦していますが、そちらも示談交渉が終わってからレポートします。

さて、旅の二日目は少し早起きして老神朝市からスタートです。

実施の時間や期間には限りがありますのでご注意ください。

思ったより規模や品数はありませんでしたが、朝の清々しい気分を味わうにはうってつけです。
わが家は野菜をそれなりに買いました。

丁度お腹が空いたところで、ホテルに戻って朝食をとりました。

朝食もバイキングでしたが、あまり選べるという感じではなく、並んでいる物を一通り取って通常の朝ごはんという感じです。

まあ、安いからね!

早々とチェックアウトしていよいよ今回の旅行のメインである吹割の滝へ。

本当は宿から歩いて行こうと思っていたのですが、地元の方に聞いたら「子供を連れては絶対に無理。悪い事言わないから車で行きな。」との事だったので素直に車で行きました。

車で付近に近付くと、良くありがちなお土産屋さんに併設された駐車場が結構あります。
うちで土産買ったら駐車代はタダよ。というやつです。

その中でやけに高齢のおじいさんが妙に格好の良いサングラスをかけて手を振っていたのですが、不思議と吸い込まれる様にそこに入ってしまいました。
が、正解でした。

滝のおばーちゃんの店

「滝のおばーちゃんの店」という店なのですが、お話では農家をやっているらしく、朝採れのトマト(写真の井戸の前の桶に浮かんでいる)を無料で食べさせてくれました。

これがまた甘くて凄くおいしかった(^_^)
子供も普段はしない丸かじりで楽しんで食べていました。

野菜が安かったのでここでも野菜を購入させて貰い、これで駐車場は無料に。

吹割への道吹割途中トイレ


早速坂を下って吹割の滝へ向かいました。
それなりの急坂なのですが、その脇に斜面にへばりつく様に商店があってビックリ!

店が段々畑みたいに並んでいて、売り物よりそれを見るのが楽しい。
その商店の前には結構きれいなトイレがあるので、小さい子供のいる家族は助かります。

そこからもう少しだけ下ると滝付近に到着です。

途中の地形吹割の滝


滝まではまだそこから幾らか歩くのですが、途中の地形が(写真左)何かの近未来アニメみたいで見飽きません。
途中の地形が目を惹きすぎて、せっかく到着した滝(写真右)のインパクトが薄れてしまったとさ・・・

東洋のナイアガラと言われている滝であります。
付近を見渡すと紅葉しそうな樹木が目に付くので、紅葉のシーズンは絶景間違いなしです。

渓谷の散策も一通り満喫したのでそろそろ帰ろうかという話になったのですが、せっかくここまで来たのだからという事で、思いつきで碓氷峠鉄道文化村へ行く事に。(というかパパの勝手な趣味で・・・)

碓氷峠鉄道文化むら

文化村展示1展示1の運転台

スチームアップ1ファミリー列車

文化村展示2

ハァァ ・・・ 写真六連発!

屋外展示されている列車の種類がハンパじゃない!

車両によっては運転台に乗れて萌え~~!!!
鉄道好きは萌え死ぬ事 間違いありません。

豆機関車や電車(バッテリー駆動と思います)は切符を買って乗る事ができますが、電車の方は「ファミリー電車」というネーミングで自分で運転して結構長い場内を一周できます。

吹割の滝がハイライトであったハズの旅行は、いつの間にか鉄道文化村がメインになっていました。(多分パパだけ・・)

楽しいのですが、あまりの猛暑で数時間で退散する事に Σ( ̄ε ̄;|||

行くまでは自分ばかり楽しくて子供はイマイチかな~なんて思っていましたが、(それなりに)楽しんでくれた様でえかったです。ハイ

もうそれなりの時間になっていたのですが、暑いからソフトクリームを食べたいねという事で更に軽井沢まで足を伸ばす事に!!(やっぱりパパの趣味で・・)

軽井沢にあるミカドコーヒーのモカソフトは本当にオススメです。

軽井沢ではソフトクリームを食べただけで、観光や散策を一切せずに帰路に着きました。

もったいね~~!!

小さい子供がいると就寝の時間を考えないといけないから仕方ないですね。


テーマ : 子連れ旅行
ジャンル : 旅行

納涼! 家族で老神温泉と吹割の滝&エトセトラの旅 (前編)

風のまつり

久しぶりに家族で一泊旅行へでかけて来ました。

6月にも行ったのですが、その時は自分の体調がすこぶる悪く、とても残念な思いをしました。
今回は体調も万全に出発!(薬に頼ってですが・・・)

とにかく温泉に入りたい!という事で今回は群馬県の老神温泉を目指します。

・1日目
自宅から車で出発 ⇒(首都高・関越経由)渋川スカイランドパーク ⇒(下道経由)老神温泉で一泊

・2日目
老神温泉⇒ 吹割の滝 ⇒(高速道経由)碓氷峠鉄道文化むら ⇒(下道経由)軽井沢 ⇒(高速道経由)帰宅

結構つまった行程ですが、地域的には散らかっていないので小さい子供がいる家庭にはオススメのコースです。

宿は伊東園ホテルグループの「山楽荘」というホテルを利用しました。

朝夕付きで一泊6,800と安いのが助かります。
しかも夕食時はアルコール・ソフトドリンクが飲み放題なので、飲兵衛は誰の視線を気にする事もなく、さんざん飲めます。

食事もバイキング形式なので、小さい子供がいても量を調節できる所も良いと思います。

当日は朝七時に出発をしましたが、日曜日だからでしょうか?渋滞にひっかかる事なく、9:30には渋川スカイランドパークへ到着できました。

渋川スカイランド

上記の字色の変わった部分をクリックするとHPへジャンプしますが、そちらでわが家恒例!クーポンを印刷して持参しました。

入園料はフリーパスを買っても1,700円と安いのですが、今回は子供の付き添いの為に買う様な物なので、大人はフリーパスを1枚だけ買って使い回そうと思っていました。

しかし・・

一日パス

リストバンド式のパスだったので、あえなく断念。
素直に二人分を買いました。

園内はきれいに整備されていますが、思ったよりこじんまりとしています。

大人の目からみれば設置されている遊具はマイルドで平凡なのですが、6歳と2歳の子供たちは大ハッスルして楽しんでいました。

2歳以下の子供は保護者同伴でもNGという遊具が結構あるので注意が必要です。

まるまる1日をそこで過ごせる程のボリュームはありませんが、料金設定が安いので何の文句もありません。
昼食も園内のレストランを利用しましたが、500円~(ラーメン)と良心的です。

全てが安く、時間も大幅にとられる事がないので、旅行のワンシーンに組み込むには最高の遊園地です。
小さい子供がいる家庭にはオススメです。

逆に大人二人のデートや旅行のコースにメインで入れてしまうのはデンジャーです。

当日は暑さがハンパじゃなく、子供たちは名残惜しそうでしたが昼ご飯を食べ終えて少しした14:00には早々と退散してしまいました。(大人の都合・・)

しかし、その時間には一通りの乗り物を制覇する事ができました。

そのまま今宵の宿へ移動をしましたが、温泉街に入ってから少し不安になってきました。

ひなびた温泉街とは言いますが、昭和の香り漂う隆盛を誇った時期の趣だけを残し、現地は半ばシャッター通りみたいになっていました。
伊香保や草津が近いから特色のアピールが難しいのかなと勝手に考えていました。

朝日ホテル

周辺では写真のホテル(朝日ホテル)が一番大きかったのですが、そのホテルでさえ倒産で休業中となっています。
が、廃墟好きの自分には少し感じ入るところがありました。

調べたら平成21年の春に店をたたんだ様ですが、引き受け手が見つかれば営業を再開する可能性もあるそうです。
何でも畳敷きの大浴場を装備した特色のあるホテルだった様です。

そうこうしている内に「山楽荘」へ到着です。
派手なノボリが ひなびた中でも気を吐いています。

山楽荘前の通り

着いた日はたまたま地元の「風のまつり」の日で、遠くから祭囃子が聞こえてきます。
と、思っていたら威勢の良い掛け声で神輿が通りの向こうからやってきました!

娘はそれを見て「なんでオシリをだしてるの~?」
そんな事 大きい声で聞くな!!

フンドシも凛々しく、わっしょい わっしょいと通り過ぎて行って、何となく得した気分になりました。
地元の祭りといいつつも、夜には花火が2,800発も打ち上げられる気合いの入った祭りです。

冒頭の写真はその時の模様です。

都会でやる花火大会と違って人垣が無いので、山あいの涼しい(本当に)風を感じながら、物すごく快適に花火を堪能する事ができました。

ひとしきり神輿を眺めた後、「山楽荘」に入ったのですが「う~ん・・」という感じでした。

予想してはいたものの、ボロい( ̄□ ̄;)!!

伊東園ホテルグループは倒産や経営不振に陥ったホテル等の宿泊施設を債権ごと買取って、自社グループのホテルとして営業させる経営手法なので、基本的には綺麗さや新しさを求める事はできないでしょう。
そういうのを求めたい時は普通のホテルや旅館に泊まる様にしましょう。

設備のリニューアルも特にはされていない様でしたが、元々が隆盛を誇った時期に建てられた建物なのか、部屋はとても広々として良い感じです。
テレビもアクオスが置かれていました。

今回宿泊したのは本館の方だったのですが、(新館もあり)部屋にトイレとトイレとは別にユニット式のお風呂も付いていました。
トイレは部屋や共用部分も含め、温水洗浄便座(いわゆるウォッシュレット)は付いていません。

こういう事態を想定して今回はTOTOの携帯ウォッシュレットを持って行っていたのでセーフ

食事の前に温泉に浸かりたいと思って大浴場へ移動したのですが、脱衣場の床がブカブカしていて今にも抜けそう(´_`。)

ただ、お湯は完全な掛け流しでとても良かったです。
好みの問題ですが、ぬるめのお湯は子供と一緒でも長湯ができてとても満足の行く物でした。

個人的には泉質は草津にも伊香保にも負けていないと思います。
もう少しアピールと街の整理をすればリピーターも期待できそうな泉質なのですが・・・

夕食は前述した通りのバイキングで、内容は可もなく不可もなくという感じです。
ただ、飲み放題のビールはプレミアムモルツで、酒好きとしてはそれだけで嬉しくなってしまいます。

普段は発泡酒で我慢しているので、ここぞとばかりに10杯位飲んでしまいました。

ウェイターに頼んで持ってきてもらうのではなく、自分で全自動のサーバーから酌んでくる方式なので、まさに酒の泉状態!!

日本酒やサワー類も飲み放題です。

しこたま飲んで食っての後は、花火見物をしてから早々と床について一日目が前後不覚の内に終わって行きましたとさ。

設備の古さ等に最初はショックを受けましたが、自分の中では温泉とビールを楽しみにしていたので、まぁ~いいかという所です。

他人にオススメするかと言われれば微妙ですが、宿にお金を掛けたくない・お金や嫁の目を気にせずに思い切り飲みまくりたい・良いお湯に浸かりたい という明確な目的がある場合は満足はできなくても納得はできるのではないでしょうか?

後編はまた後日 ♪(⌒∇⌒)ノ""



特別枠♪で「ドラえもんの科学みらい展」へ行きました

パラペット

実家の両親から2010年9月27日まで東京お台場の「日本科学未来館」で開催されている「ドラえもんの科学みらい展」のチケットを貰ったので子供を連れて行ってきました。

そのチケットはナント!特別入場チケットで、抽選で当たった人たちが閉館後(18:00~)にゆっくりと展示を見て回れるという物でした。

会場に到着したのは閉館後の17:45位でしたので、正面の入口は既に閉鎖されており、やや離れた小さめの専用入り口から入館しました。

18:00まではコンコースで待機して、時間になると同時に館内へ係員が案内をしてくれました。

ドラエモン

子供が6歳と2歳なので楽しんでくれるかなと不安を持ちつつも、いきなりドラえもんが出迎えてくれて、ドラえもん世代の自分はそれだけでテンションが

展示の趣旨はドラえもんに登場していた秘密道具に、現代科学がどれだけ迫っているかを紹介する物でした。

私がドラえもんを読んでいていつも欲しいな~と思っていたグッズにタケコプターがありますが、それに近い物として一人乗りのヘリコプターが展示されていました。

タケコプター

マンガの様な物ではありませんでしたが、とにかく作りが美しくて感動しました。
エンジンやマフラーの感じやローターの素材感がたまらまく良い感じでした。

長野県松本市のゲン・コーポレーションという会社が開発・製造している商品らしいです。

「商品」であるからして、こちらの機体は実際に販売されているそうです。

HPがありましたのでご覧あれ! ↓

http://www.gen-corp.jp/


こんなので通勤できる日が来たら最高だと思います。
庭に駐機しておいて、「いってきま~す」と言いながらブルブル飛んで行けたら通勤も楽しくなります。

もう一つ気になったのが、自分の力をアシストして倍力してくれるロボットです。

スーパーボール2スーパーボール1

私も試させてもらいました。

写真ではわかりにくいのですが、白い布の中には手が入っています。
手の先は倍力ロボットの中(金属製の部分)に入っていて、指先を動かすとパワーアシストが効きながらロボットの爪先も連動して動きます。

今回の展示ではスーパーボールをつまんで、そのまま握り潰して破壊をするという形になっていました。
写真をクリックして拡大して見てみてください。

掴まれたスーパーボールが平たく変形していますが、実際には本人はエンピツを握る程度の力しか使っていません。
そのまま握り締めると、あっという間にスーパーボールが「プチン」と断裂します。

写真に写っている細かい破片状の物は、いとも簡単に握り潰されたスーパーボールです。

説明員の説明によると、ロボット部分自体は2キロ程度の重量があるそうですが、それが生み出す握力は驚きの100キロという事でした。

こんなので子供に肩もみをされたら大変な事になります。

それ以外にも飲む胃カメラ、タイムマシーン、翻訳コンニャク、ガリバートンネル等の展示が沢山ありました。

ガリバートンネル飲む胃カメラ
       ≪ガリバートンネル≫                     ≪飲む胃カメラ≫

今回は特別枠での入場者が推定50人程度しかいなかったので、どの展示もゆっくりと心行くまで見る事ができました。

係員の説明によると普段は入場で1時間待ちで、さらに人気の展示を見るには更に1時間待ち(最大で)という事だったので、本当に今回はラッキーでした。

混み具合


入場直後の場内の様子ですが、これしか人がいませんでした。

当初心配をしていた子供たちも、実際に手に触れたり体感できる展示が沢山あったので、帰り際は「まだ帰りたくない」と言う位楽しんでくれました。

大人も子供も楽しめる良い展示でした。

家族で筑波山!

筑波石碑

久しぶりの記事更新です。

毎日暑い日が続きますね。
早くもバテ気味です。

少しだけでも涼しさを感じたくなったので、那須高原へ!とも思ったのですが、移動での渋滞が嫌なのでお手軽に筑波山へ行ってきました。

筑波山は標高877メートルの日本百名山の一つです。

それだけ標高があれば山頂の気温も低いだろうと期待をしながらの出発です。
今回も自力登山ではなく、ロープウェイを使う予定です。

前回もそうでしたが、ロープウェイと言えば・・・
そう、クーポンです!

ネットで検索したらアッサリと見つかりました。
大人は百円引きと太っ腹です。

クーポンはコチラから印刷 ↓
http://www.kanko-tkb.net/?page_id=17

ちなみに、現在の筑波山の気温と現地の様子は下記のURLから確認できます。
http://www.mt-tsukuba.com/

私が住んでいるところからは、高速を使用すると大回りで効率が悪いのでズズーっと下道で移動しました。

走る事2時間半、見えてきました。

筑波全景

シルエットの綺麗な山です。

ご存じの方も多いと思いますが、筑波山は男体山と女体山に分かれています。
女体山の方が若干標高が高いので今回は女体山を目指しました。

走りやすい山道を登りきったらロープウェイの麓の駅に到着です。
駐車場はそんなには広くはありませんが、この暑い時期は帰りの車内温度も考えて半地下の駐車場へ入れましょう。

筑波駐車場

いかにも涼しそうでしょ?

半地下の存在が分かりにくいので、地上の平面Pはいっぱいなのに、半地下Pはガラガラでした。

車を降りると早くも涼しい~ ヽ(^-^ )

今回もクーポンがちゃんと使えるのかドキドキしながら切符を買いましたが、普通に使えました。

ゴンドラはスモークガラスを使用していてなかなかカッコ良かったです。

筑波ゴンドラ


ゴンドラに乗ること数分。
あっという間に山頂駅に到着しました。

降りたところ


降りると本当に涼しい~~!!

半そでだと少し肌寒く感じる位でした。
この日はコンディションが良かったらしく、遠くに東京スカイツリーも見えました(!)

降りたところから、女体山山頂までは少しだけ歩きます。ちなみに上り坂です。
2歳の息子でもスタスタ歩いていたので何の問題もありません。

最後だけはこんな感じの急な階段なので、抱っこしてあげました。
別に普通に登れるのしょうが、なにせ狭いので、他の人の迷惑になりそうです。

山頂への階段筑波山頂
          ≪頂上への階段≫                        ≪滑る山頂≫

山頂に着いたら着いたで、ツルツル滑る急傾斜の大きな岩肌が露出しています。
滑落したら大変という事で子供の手をしっかり握っていました。

小さい子供一人で行かせるには危なすぎる状況ですので注意が必要です。
(ガードレールの類もありません)

山頂は人で賑わっていて身動きがとれない位でしたが、眺めは最高でした。

涼しさも、落ちるかもというスリルも手伝って大満足できました。

女体山から峰伝いに男大山へも行けるのですが、(多分大人の足で15分位?)あいにく足元がぬかるんでいたのでその日は止めておきました。

男体山へ

男大山へはこんな感じの道で、多分起伏も大してなさそうな感じだったので残念!

その後は素直に山を下って家路につきました。

本当は山の中腹にある筑波山神社という所へ行きたかったのですが、時間の関係で今回はパス。

涼を求めて今夏に再訪問する予定なので、その時にでもレポートします。


プロフィール

懐メロ親父

Author:懐メロ親父
バイクとアウトドアと酒をこよなく愛する35才の2児の父です。(アル中の噂あり・・)
i-podの中は70年代後半の懐メロばかり。
実はアドレス以外にMF08も持ってます。

Flashリバーシ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
全記事表示リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。