天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドレスV125Gビビリ音 Part2

この記事は写真もなくアッサリとやらせて頂きます。

私のブログの訪問を解析すると、ビビリ音の検索ワードで訪れている方が異常に多いです。
なので、過去に判明したビビリ音発生場所をお知らせします。

①ライトカウル締結ネジ(グレー側)の緩み(過去の記事を参照ください)
②ライトカウル内に設置されているダイアグノシス用と思われるカプラーの振動(過去の記事を参照ください)
③フロントカバー内でウィンカー配線のカプラーが揺れて車体側樹脂部品と接触
④フロントカバー内に設置されているホーンが共振

①は以前の記事の通りに対策をすれば直ります。
②は以前の記事の通り、一旦ライトカウルを外して、配線の取り回しを変えれば直ります。
③は一旦フロントカウルを外してウインカー配線の取り回しを変えれば直ります。
④は対策方法を検討中です。
      ↓
ホーンは車体側から伸びる薄い数センチの鉄製のステーに取り付けてありますが、エンジンが一定の回転域に達すると共振をはじめて「ブーンブーン」と言います。
フロントカバーを外した方は、ついでに外した状態でエンジンを回して確認してみてください。
ホーンが見えなくなるくらい振動します。

金属疲労でいつかホーンが落っこちないか心配です。

ビビリ音は精神衛生上良くないので私も大嫌いですが、これまでのビビリ音はホーンの共振以外は全て潰してきました。

知りたい事や分からない事がありましたらコメントを入れて下さい。
確認しだいご連絡します。



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

懐メロ親父

Author:懐メロ親父
バイクとアウトドアと酒をこよなく愛する35才の2児の父です。(アル中の噂あり・・)
i-podの中は70年代後半の懐メロばかり。
実はアドレス以外にMF08も持ってます。

Flashリバーシ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
全記事表示リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。