FC2ブログ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族4人で鋸山へGO!

今まで存在を知ってはいましたが、なかなか鋸山へ行こう!という気になれませんでした。

が、アド街ック天国でたまたま紹介されて、放映日の翌日は予定もなかったので 初めて「行こう!」という事になりました。

小さい子供がいるので、(下は2歳、上は6歳)遊びに出掛けられる所はそれなりに限定されてしまうのですが、鋸山だったらロープウェイもあるので子供も楽しいかなと思いました。

アド街で放映されたので、混雑を予想して朝早く(我が家にしては・・)出発して現地には「もう混んでるかな~」の午前10:00に到着したのですが、拍子抜けする位空いていました。

駐車場もロープウェイ直下の良い場所に止める事ができました。(^。^)

さっそく切符を買ったのですが、その切符がかわいい!
我々おじさん世代には目新しくもないですが、若い世代には新鮮に映るかも知れません。

きっぷ

昔懐かしの入鋏するタイプの厚紙切符です。(硬券)
記念に取っておき易いので親切です。

今回は出発前にたまたまウェブクーポンを発見したのでクーポンを使ってみました。
2003年当時の企画のクーポンだったので、券売所で恥ずかしい事になるのでは?と心配しましたが、普通に使用できました。

下記のURLより入手できます。
http://www.bay-web.com/leisure/coupon/coupon_ticket.shtml

こういうクーポンがあると倹約家の妻も俄然やる気が湧くようです。

さて、いよいよゴンドラへ

ゴンドラ

2歳の息子は早くも「スカイライナーだ!」とおおはしゃぎしています。
確かに色はスカイライナーそっくりですが。。

頂上からの眺めです。遠くは三浦半島や富士山まで見えて絶景です。
これだけでも来た甲斐があったという感じです。

頂上からの眺め

頂上の駅からやや下り気味に歩くと「鋸山日本寺」方面へと抜けれます。
途中にずいぶん昔のと思われる廃墟があってムラッと来ましたが、今日は手早く写真を撮るだけでがまん。

廃墟3廃墟2廃墟1


日本寺方面への下りは結構荒れた急な山道なので、小さい子供がいる家族は注意が必要です。
うちもあっという間に「だっこ~」になってしまいました。抱っこしながらの山道は腕に効きます。

下りきった所に日本寺へ入場する用の券売所があるので、そこで家族分の切符を買います。(大人600円・小人400円)
この切符を買わないと有名な「地獄のぞき」や「百尺観音」へは行けません。

券売所の奥にいきなり無限地獄とも思える階段が見えていたので入るのを躊躇しましたが、せっかく来たという事で入場しました。

入場してすぐに初老の夫婦がハァハァ言いながら「60歳以上の人には、ここの階段は無理だわ」とボソボソ言っているのが聞こえてしまってゾーッ!

日本寺山中の案内図です。
案内図

写真だと分かりずらいですが、どこへ行くにも平らな所はありません。
ひたすら階段 階段 階段

子供を連れて全部は無理なので、図中で一番右上の「地獄のぞき」と「百尺観音」に的を絞って歩きました。

大仏は一旦ロープウェイで山を下ってから車で行く事にしました。

確かに階段は急で長く続きましたが、きっちりと整備されているので時間をかければ、2歳の子供でも何とか(本当に何とかという感じです)走破できます。
6歳の子には生易しく見えるらしく、ダッシュで上っていきました。若いってすごい(*_*)

(大人だけ)ヒイヒイ言いながら上りきると、有名な地獄のぞきに到着!
地獄のぞき

出っ張った部分がそのまま落ちそうな危ない形をしています。
先っぽに立つと当然断崖ですが、まわりに距離感を測れる様な造形が無いので不思議と怖くありません。
4月位だと、そよぐ風と遠くの景色でとても良い気分になれます。

地獄のぞきの付近には石造りのベンチが沢山あるので、弁当持参で来ても食べる所に困るという事はありません。
景色が良いので、むしろ弁当持参をお勧めします。
ただ、トンビが飛び回っていますので「トンビに油揚げ」にならない様にお気を付けください。

地獄のぞきのちょうど真下あたりが、百尺観音となっています。
そのため、いったん少しだけ下ってから切り通しを抜けて歩きます。
大して険しくは無いので、お子様連れもご安心を。

百尺観音切り通し2




百尺観音もさることながら、自分的にはそこへ着くまでの切り通しの道に感動しました。
その場を支配する凛とした空気感がそこにはあって、とても静かな気分になります。

美しくも辛かった(?)鋸山をロープウェイで下山し、予定通り自動車で大仏方面へ向かいました。

ちなみに麓の駅に降り立ったのは13:30位でしたが、その時には駐車場入場待ちの列ができていました。

大仏へはR127経由で「鋸山観光自動車道」(無料)を上って東口無料駐車場を利用します。

駐車場から大仏へは当然徒歩ですが、赤ん坊がいても辛い事はないでしょう。(スロープが無いのでベビーカーは不可)

大仏です。思ったよりデカいです。

大仏

大仏のまわりにはお堀みたいのがあって、幅1m程度で水が流れています。
そのお堀の中には、信じられない数の(本当に)オタマジャクシが泳いでいて、子供たちは大仏よりそちらの方が楽しそう・・・

大仏の脇にお願い地蔵というのがあります。
お願い地蔵

このお地蔵さんでびっくりなのは、白い山の様に見えるもの。
その正体は・・・
山の正体

数えきれない程のミニ地蔵が山を成しています。

脇の売店で売られている陶器製のミニ地蔵にそれぞれで想いを書き込んで、供えているようです。
しかしこの山は一体何年分なのだろうか??

朝出発して、結局鋸山だけで一日を遊びまわる事ができました。

小さいお子様連れの方で、日本寺付近も散策したという場合は、真夏の訪問は絶対にお勧めできません。
多分親子共々つらい思いだけをして帰ってくる事になるでしょう。

ロープウェイだけだったら全然アリです。

無理して地獄のぞき方面へ行かなくても、ロープウェイの山頂駅からの眺望だけでも十分満足できます。
頂上駅付近には座るところは少なめなので、お弁当持参の場合はある程度時間を考えて行った方が良さそうです。






コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

懐メロ親父

Author:懐メロ親父
バイクとアウトドアと酒をこよなく愛する35才の2児の父です。(アル中の噂あり・・)
i-podの中は70年代後半の懐メロばかり。
実はアドレス以外にMF08も持ってます。

Flashリバーシ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
全記事表示リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。